ふくおか市のおさかな市で、食べる・遊ぶ・学ぶ
  • お知らせ・イベント情報
  • おすすめ海産物(HAKATA SEAFOODS)
  • 朝市夕市へ出かけよう!
  • 旬のお魚チェック!
  • 漁師直伝!お魚レシピ
  • 女性部の活動
  • 福岡市漁協支所一覧
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • Facebookを開く
  • Instagramを開く

お知らせ・イベント情報

2008年7月28日

港だより vol.2

くるまエビ養殖中間育成について

2008年7月1日、海洋学習の一貫として志賀島小学校の5・6年生のみなさんが志賀島にある西日本最大規模の『クルマエビ中間育成施設』を見学、クルマエビの生態について学習しました。

福岡市漁協では、クルマエビ養殖の中間育成事業を行っています。
今年は700万尾を3回に分けて40~50日間育成して放流します。

→福岡のクルマエビについて

西日本最大規模のクルマエビ中間育成施設

■放流スケジュール

【第1回】
6月 5日   260万尾を受入(志賀)
7月23日  囲い網に移動
7月26日  博多湾放流

【第2回】
6月11日   240万尾を受入(能古)
7月 5日   博多湾放流 

【第3回】
8月 4日   200万尾受入予定

子ども達からの質問と回答

Q.クルマエビの大きさは?
A.受入時は1.5cm、放流時には4cmになります。

養殖されているクルマエビ

Q.エサは一日に何回あげますか?
A.エサは朝昼晩の3回あげます。

Q.エビは何を食べるの?
A.専用の『ペレット』という魚などを粉末にしたフィッシングフードがあります。

Q.エビの手足の本数は何本あるのかな?
A.実際に数えたら20本ありました。

Q.700万尾中どのくらいが大人になるのかな?
A.20万~30万尾くらいです。

【関係者感想】

子供たちの質問に、担当者があわてる場面も・・・。
志賀島小学校の生徒たちが、素直で一生懸命調べているのがとても印象に残っています。

ページトップへ